○壬生町交通指導員の服制等に関する規程

昭和63年6月29日

訓令第3号

(目的)

第1条 この訓令は、壬生町交通指導員(以下「指導員」という。)の服制等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(服制)

第2条 指導員の服制は、県の定める基準による。

(常装)

第3条 勤務中の男子指導員にあっては、制帽又はヘルメット、制服、手袋及びくつを着用し、帯革及び警笛を着装するものとし、女子の指導員にあっては、制帽、制服、手袋及びくつを着用し、警笛を着装しなければならない。

(貸与品の種類等)

第4条 指導員に貸与する被服等の種類、員数及び使用期間は、次のとおりとする。ただし、特別の事由がある場合には、町長はその員数を増減し、又は使用期間を伸縮することができる。

品目

員数

使用期間

ヘルメット(男子のみ)

1個

48月

制帽(冬、夏)

各1個

48月

制服(冬、夏)

各1着

48月

帯革(男子のみ)

1本

使用に堪えないと認めるとき引替える。

盛夏ワイシャツ

1着

24月

雨衣

1着

48月

外とう

1着

使用に堪えないと認めるとき引替える。

短靴

1足

48月

半長靴(女子はブーツ)

1足

48月

白手袋

2組

12月

手袋(冬)

1組

48月

マフラー

1本

48月

警笛(つりひもを含む。)

1個

48月

交通腕章

1本

24月

ネクタイ

1本

24月

停止棒

1本

48月

指導員胸章

1個

使用に堪えないと認めるとき引替える。

(貸与品の保全)

第5条 指導員は、貸与被服等を常に清潔にし、その保全に努めなければならない。

(着用期間)

第6条 冬服及び冬帽子並びに夏服及び夏帽子の着用期間は、次のとおりとする。ただし、必要によりその使用期間を伸縮することができる。

冬服 11月1日から翌年4月30日まで

夏服 5月1日から10月31日まで

(略装)

第7条 指導員が盛夏ワイシャツを着用し上衣を着用しない期間は、次のとおりとする。ただし、必要によりその使用期間を伸縮することができる。

7月1日から8月31日まで

2 前項の盛夏ワイシャツを着用し上衣を用いない場合は、帯革の負革を取り外すものとする。

(代品の貸与)

第8条 使用期間の満了しない貸与品の一部を滅失し、又はき損した場合は、当該代品を貸与するものとする。ただし、その滅失又はき損が、本人の故意又は重大な過失による場合は、弁償しなければならない。

2 前項の代品の貸与を受けるときは、被服等再貸与申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(返納)

第9条 指導員がその身分を失った場合は、被服等貸与品返納書(様式第2号)を添えて返納しなければならない。

(貸与簿の備付)

第10条 町長は、交通指導員被服等貸与簿(様式第3号)を備え、指導員に対する貸与品の貸与状況を明らかにしておかなければならない。

附 則

この訓令は、昭和63年7月1日から施行する。

附 則(平成6年訓令第22号)

この訓令は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

壬生町交通指導員の服制等に関する規程

昭和63年6月29日 訓令第3号

(平成6年9月1日施行)