○壬生町陸砂利採石監視員設置規則

平成25年3月21日

規則第17号

(設置)

第1条 この規則は、砂利採取法(昭和43年法律第74号)及び採石法(昭和25年法律第291号)の趣旨により陸砂利採取場及び採石場における違法採取を監視し、公共施設の破損、不法侵掘、流水の汚濁、危険発生等を防止するとともに、陸砂利採石業及び採石業と地域社会との秩序の維持を図るため、陸砂利採石監視員(以下「監視員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 監視員は、陸砂利採取事業及び採石事業による災害の防止に関する知識及び理解を有する者のうちから、町長が委嘱する。

(任期)

第3条 監視員の任期は1年とする。ただし、年度の途中において委嘱された者の任期は、当該年度が終了する日までとする。

2 監視員は、任期満了前に退職しようとするときは、退職1月前までに町長に申し出なければならない。

(職務)

第4条 監視員の職務は、次のとおりとする。

(1) 陸砂利及び採石の採取状況の把握

 認可計画の遵守状況の確認

 採取及び埋め戻し進捗状況の確認

 その他採取状況を把握するために必要な業務

(2) 砂利採取法及び採石法の規定に違反する行為の監視並びに当該行為に関する情報の収集

 遵守義務に違反する行為の監視及び情報収集

 無認可採取の監視及び情報収集

 その他違反行為及び無認可採取の監視等に必要な業務

(3) その他町長が必要と認める業務

 緊急措置命令等の対象となっている事業者及び当該採取場の監視

 採石場跡地の監視(採石採取廃止後2年間に限る。)

 陸砂利採取事業及び採石事業による災害に関する監視及び情報収集

 栃木県所管課職員の現地調査への同行

 その他必要な業務

(服務)

第5条 監視員の服務は、次のとおりとする。

(1) 監視員は、1箇月10日間監視するものとする。

(2) 監視区域及び緊急事態の監視は、町長の指示を受けるものとする。

(3) 監視員は、職務の遂行に当たっては、別に定める身分証明書(様式第1号)を携帯しなければならない。

(4) 監視員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(報告)

第6条 監視員は、監視業務の内容を巡回日誌(様式第2号及び様式第3号)に記録するとともに、その都度町長に報告し、検認を受けるものとする。

2 監視員は、監視において、災害が発生したとき若しくは災害が発生するおそれがあると認められるとき又は違反行為等を発見したときは、直ちに町長に報告しなければならない。

3 町長は、前項の報告を受けたときは、必要に応じて現地調査をするとともに知事に報告するものとする。

(情報の提供)

第7条 町長は、無認可採取等の情報があったときは、直ちに知事に通報するとともに、必要に応じて監視員をして現地監視にあたらせるものとする。

(報酬)

第8条 監視員の報酬及び費用弁償は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年壬生町条例第5号)で定めるところによる。

(解任)

第9条 町長は、監視員が次の各号のいずれかに該当するときは、その任期中において解任することができる。

(1) 病気その他の事由により職務が遂行できなくなったとき。

(2) その他、監視員として適当でないと町長が認めるとき。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

壬生町陸砂利採石監視員設置規則

平成25年3月21日 規則第17号

(平成25年4月1日施行)