平成28年度 保育園入園申込受付 申込期間:9月1日~30日

2015年8月18日

平成28年度の保育園入園児の受付を行いますので、入園を希望される方は申込みの手続きをしてください。(申込期間を過ぎても随時受付をしますが、受け入れ可能な枠のみとなります。)また、「保育の必要性」の認定を受けてもらう必要があるため支給認定申請書と在職証明書を提出してください。

 

○保育の認定に当たって

 下記3区分のうちひとつの認定を受けてもらい、施設など(幼稚園、保育所、認定子ども園、地域型保育)の利用申込をします。
 

 

1号認定 教育標準時間認定

 

  お子さんが満3歳以上で、教育を希望される場合

 

2号認定 満3歳以上・保育認定

 

  お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育園等での保育を希望される場合

 

3号認定 満3歳未満・保育認定


  お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育園等での保育を希望される場合

 

○保育園に入園できる子どもは・・・

  保育園などでの保育を希望される場合は、保育の必要な事由に該当することが必要です。
保育を必要とする事由
 保護者のいずれもが次のいずれかに該当することが必要です。
 1. 保護者が月に64時間以上労働することを常態としていること。

 2. 妊娠中であるか又は出産後間もないこと。
    (認定期間は産前は6週間、産後は8週間を経過する日の翌日が属する月の末日まで)
 3. 病気や怪我または心身に障がいがあること。
 4. 同居の親族(長期間入院等をしている親族を含む。)を常時介護又は看護していること。
 5. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
 6. 求職活動(起業の準備を含む。)を継続的に行っていること。
    (認定期間は入園日から90日を経過する日が属する月の末日まで)
 7. 育児休業をする場合で、育児休業に係る子ども以外の兄弟が保育園を利用しており、育児休業の間に保育園を引き続き利用することが必要である場合。
     (認定期間は育児休業に係る子どもの生後1年を経過する日が属する年度の末日まで)
 8. その他町長が認める事由に該当すること。

 

○申込期間

  9月1日~9月30日

 

○保育見学会

  保育園での児童の様子や過ごし方などを参観していただけますので、ご希望の保育園へお問い合わせください。

 

○申込方法

  入園申込書、支給認定申請書及び在職証明書に必要事項を記入の上、お申し込みください。書類は、役場こども未来課ならびに各保育園にあります。年度途中入園、出生前の方の申込みも受け付けます平成28年度中に復職予定で入園を希望される方は、必ず申込みをしてください。

 

○入園選考

  入園基準に従って、保育の必要性の高い順に入園決定をします。(申込順ではありません)
 兄弟が在園していても必ず同じ保育園に入れるわけではありませんので、ご了承ください。

 

○入園決定

 選考を踏まえ希望園の調整をし、平成28年1月頃保護者に通知します。

 

○保育料

 お子さん一人当たりの保育にかかる経費は、国・県・町の負担と保護者に納めていただく保育料で賄っています。町の保育料は原則として、入園児童の父母の税額(前年度分の市町村民税額)に応じて、階層区分が決まります。

 

○保育園一覧

 保育園一覧(23KB)

関連記事

お問い合わせ

こども未来課
子育て支援係
電話:81-1831