児童手当の請求

2016年4月1日

児童手当の制度について

【お知らせ】

マイナンバー制度導入に伴い、平成28年1月1日から児童手当の申請等にマイナンバーの記入及び本人確認が必要となりました!!
  

 

制度の目的

・家庭等の生活の安定に寄与する

・次代の社会を担う児童の健やかな成長に資する

内閣府HP

 

平成26年度以前の情報について

厚生労働省HP

 

 

支給要件

 

・日本国内に居住する中学校修了前までの児童(満15歳到達後の最初の3月31日まで)を養育する父母等に手当を支給します。

・受給要件を満たす者が複数いる場合、原則生計維持者(所得の高い方)が受給者になります。

・対象となる児童が日本国内に居住している場合に支給します。ただし、児童が国外にいる場合でも、留学中など一定の条件を満たせば受給できる場合があります。

・離婚協議中などの一定の条件に該当される場合は、児童と同居している方が対象となります。ただし、離婚協議中であることが明らかにできる書類が必要になります。

 

手当月額

 

対象児童一人あたりの金額になります。

・三歳未満                             15,000円

・三歳以上小学校修了未満(第1子,第2子)        10,000円

・三歳以上小学校修了未満(第3子以降)         15,000円

・中学生                               10,000円

 

※ただし、受給者の所得が所得制限限度額を超えている場合は年齢に関係なく、

一律で児童一人につき、月額5,000円(特例給付)になります。

 

児童手当所得制限限度額表(参考)

 

 

扶養親族の数所得額(万円)収入目安金額(万円)

扶養親族の人数 所得額(万円) 収入目安額(万円)
0 622 833.3
1 660 875.6
2 698 917.8
3 736 960
4 774 1002.1

 

 

 

児童手当を受給するには

 

・児童手当の支給を受けるためには申請(認定請求)が必要です。出生届の提出を済ませた場合や、他市区町村での受給者が壬生町に転入した場合でも、自動的に受給できるわけではございません。出生や転入にて壬生町での受給資格が生じた場合は必ず窓口で申請をしてください。出生届を壬生町以外の市区町村に提出した場合やお子様の住所が壬生町以外の場合でも、受給者権者の住所が壬生町の場合は、壬生町での手続きが必要になります。

・申請が遅れると、遅れた月分の手当を受給できなくなります。

 

認定請求に必要なもの

請求者および配偶者の個人番号(マイナンバー)の確認に必要な 「番号確認書類」

 

 個人番号カード、通知カード、個人番号記載の住民票

 

請求者の本人確認書類

 

 顔写真付のもの(個人番号カード、免許証、パスポート等)なら1点、顔写真のないもの(健康保険証、年金手帳等)なら2点

 

請求者の健康保険証

 

 請求者の加入年金の判別に使用します

 

請求者名義の口座の通帳(児童名義は不可)

 

印鑑

 

・転入された方は、壬生町で所得の確認ができないため、1月1日現在住所のあった市区町村にて発行される「所得証明書」が必要です。所得証明書については、扶養人数、各種控除が確認できるものに限らせていただきます。

 

・児童と別居されている方は、児童が属する世帯の住民票

 

 

※認定請求書は壬生町役場本庁、各出張所にてお渡しいたします。

※その他、受給者の状況に応じて必要な書類があります。

 

必要書類が揃っていなくても申請するようにしてください。

足りない書類は後日提出すればかまいません。

申請が遅れると、さかのぼって手当を受けることはできませんので、ご了承ください。

 

支給について

 

申請した月の翌月分から支給されます。

※申請が出生日もしくは転出予定日の翌月になった場合でも、出生日もしくは転出予定日の翌日から15日以内に申請すれば、申請月から支給されます。

 

例 5月26日に児童が出生し、6月1日に認定請求すると、6月分から手当を受給できます。

 

支給月

 

 6月支給分:[2月分・3月分・4月分・5月分の合計額]

10月支給分:[6月分・7月分・8月分・9月分の合計額]

 2月支給分:[10月分・11月分・12月分・1月分の合計額]

※お振込みは、各支給月の15日を予定しています。休日の場合は15日以前の金融機関営業日になります。

 

すでに受給されている方の各種手続き

現況届

 

現況届は毎年6月に、その年の5月まで児童手当を受給されていた方は、全員が提出することを義務づけられている届です。現況届を提出しないと6月分以降の手当を受給することができなくなります。

提出が必要な方については6月中に、ご自宅に現況届を発送させていただきますので、お手続きをお願いいたします。

 

額改定請求書

 

児童の出生等により、養育している児童が増えた時、提出が必要になります。認定請求と同じく、出生届を提出されても、自動的に増額になるわけではございません。必ずお手続きをお願いいたします。町外で出生届を提出した場合でも、受給者が住所を有する市区町村での手続きが必要になります。

 

消滅届

 

受給要件を満たさなくなったとき、提出が必要になります。

※必ず受給者本人(今現在手当を受給されている方)が記入・押印してください。連絡先は受給者ご本人様と連絡が取れる番号を記入してください。

 

1.児童が15歳到達後最初の3月31日を迎えた時 ⇒ 消滅届は不要

 

2.受給者が児童を養育しなくなった時 ⇒ 消滅届を壬生町に提出、新たな養育者が認定請求

 

3.受給者が亡くなった時 ⇒ 消滅届の提出は不要、新たな養育者が認定請求

※未支払の児童手当がある場合、別途手続きが必要になります。

 

4.受給者が壬生町外に転出したとき ⇒ 転出先で認定請求

※自動的に消滅になります。転出後の市区町村で引き続き手当を受けるためには、転出予定日(転出届に記入した異動予定日)の翌日から起算して15日以内に転出先の市区町村の窓口で請求手続を行ってください。

 

5.受給者が公務員になったとき ⇒ 消滅届を壬生町に提出し、勤務先で認定請求

 

変更届

 

住所・氏名・振込口座が変更になったとき提出が必要になります。

 

1.児童の住所のみが変更になったとき ⇒ 住所変更届の提出が必要

※児童が別居になる場合は監護・生計同一関係申立書の提出も必要になります。

 

2.児童を含む世帯員全員が町内で転居 ⇒ 変更届の提出は必要なし

 

3.児童・受給者の氏名が変更になったとき ⇒ 氏名変更届の提出が必要

 

4.振込口座の変更 ⇒ 内容等変更届の提出が必要

※受給者名義の口座にのみ変更可能です。児童名義の口座等に変更はできません。

 

5.登録されているマイナンバーが変更となった場合、 受給者が離婚、または再婚して配偶者等の状況に変更があった場合 ⇒ 個人番号変更等申出書の提出が必要

 

 

各種申請書のダウンロード

こちら

 

お問い合わせ

こども未来課 子育て支援係

電話:0282-81-1831

 

お問い合わせ

こども未来課
子育て支援係
電話:81-1831