ありんこ保育園

2015年7月1日

自分で考え 自分で学べ こどもたち

保育園の名称:社会福祉法人 博愛会 ありんこ保育園


名前の由来
法人名の「博愛」は、アメリカ開拓時代フロンティア精神からとったものです。
園名の「ありんこ」は、園長が学生時代から取り組んでいたボランティア活動で、東京都板橋区のマハヤナ学園(養護施設)を訪問していたグループ名「ありんこ会」から引き継いだものです。

所  在  地:壬生町大字壬生丁75-14
電     話:0282-82-3137
保 育 時 間:月曜日から金曜日 午前8時30分~午後6時00分まで
        土曜日      午前8時30分~午後5時00分まで

保育時間の延長について
保護者の都合により時間延長ができます。
平 日:午前7時00分~午後7時00分まで
土曜日:午前7時00分~午後7時00分まで

 

保育内容・保育方針など

子どもたちが、生き生きと仲間とともに育つ保育園に!
働く父母が安心して預けられる保育園に!
職員にとって働きがいのある保育園に!
子ども24時間の生活を保育者と父母が分担し、力を合わせて子どもが育てられるように!
子どもの発達と成長を保障する保育・教育の環境条件向上をめざし、地域住民と関係者が力をあわせて活動する子育てセンターに!

やりたいことがいっぱい

今日は何して遊ぼうか。何にでも挑戦してできたときの喜び大きいのです。

今日はどこへ行くの

お天気がよければどんどん外へ飛び出します。
園バスもフルに使って、いろんな所へ遠出もします。

はだしとどろんこ

園には制服がありません。冬でもソックスをはきません。子どもたちは庭先を元気にかけまわり、服は泥だらけにして遊びます。

動物の世話

園には、犬をはじめいろいろな動物がいます。
子どもたちが世話をしながら生き物の命の大切さを身をもって体験していきます。

通園方法

保護者が園まで送迎
朝と帰り、生の園の姿、子どもの姿が自分の目で見られます。

 

 

「子どもらしい子どもをつくろう」

早起き早寝、たっぷり食べる朝食、朝の排便で健康な子どもに!
しなやかな身体と豊かな心をもった子どもに!
子どもたちのだれもが、生き生きと生活でき、全面発達を保障できる場に!

 

毎日の子育てのポイント

(人間の特徴を大切に)
人間としての力を育てる

1.直立できる力・姿勢の良さ
  体全体をよく動かし、力強い運動、遊びをする
  (歩く、這う、木登り、相撲などをして、抗重力筋を育てる)

2.直立状二足歩行の力強さ
  はいはい運動や、坂道を登ったり、階段を下りたりする
  (力強く、正しくあおり動作で動き、平行機能も育てる)
3.力強く器用な手・指
  年齢、発達に見合ったよい玩具、道具を使う
  (遊び、手伝いなどで、しっかり手・指を使って育てる)
4.基本的な生活習慣の自律
  眠り、目覚め、食事などを、生活リズムに添うようにする
  (リズミカルで、豊かで、快適な生活ができる自立を育てる)
5.人と人との交流の豊かさ
  人と対話したり、仲間同士、楽しく交流する
  (親しい人と楽しく向かい合い、快の情緒を育てる)

育ちの弱い心配な子どもの例

体制神経
粗大運動
・背中ぐにゃり、体グラグラ
・朝礼でバタン、床にゴロゴロ
・脚・足・腰の育ちが弱い
・内股歩き、外股歩き
・つまづいてよく転ぶ、X脚、O脚
・転んでも手が出ない
微細運動
・雑巾やタオルを固く絞れない
・小刀や針などをうまく使えない

ホルモン・自律神経
・目覚めが悪い
・朝からあくび、昼に目がとろん
・夜の寝つきが悪い
・朝食がおいしくない
・便秘・下痢、低体温、夜尿などが激しい

情緒
・無気力・無反応・無感動
・ことばの遅れ、発音がはっきりしない
・友達とうまく遊べない、笑わない


人間発達と生体・生活リズム生活を理解するために

 1.6時きげんよく起きる
 2.すっぱだかで着替え
 3.冷水で顔・手足洗い
 4.毎朝楽しく散歩(降っても照っても9
 5.食事は1日3回、間食1回(朝7時半、昼12時、夕18時~19時、間食は1回午後3時)
 6.食事前小便
 7.朝食後大便の習慣
 8.朝のうちに体を使い表現する遊び
 9.幼い子は昼寝(幼い子は2時間、6歳で2、30分)
10.広い場所で遊び
11.雨天でもいきいきと遊び
12.手伝い
13.夕食後、はいはい遊び
14.就寝少し前入浴
15.就寝前落ち着いた時間をもつ
   乳児の場合 幼児の場合 語りかけ、本読み聞かせ
16.八時 寝つきよく寝かす
17.激しい刺激(ストレス)加えない乗り物・テレビ・ステレオ・カセットなど器機音は極力避ける。
   自分の意思で歩き、色々な操作もし、対話もできるようになるまでは、厳重すぎるほどの注意と警戒がほしい。
18.ほめ方や叱り方は態度によって示す。


夜の眠りはなぜ大切なのでしょうか?
子どもの夜の眠りの中でのホルモンの分泌

20時 暗く静かにして入眠します
21時 成長ホルモンの分泌が高まります
    ・筋肉や骨を育てからだ全体を成長させる働きをします
22時 ・大脳のミエリン化やシナプスの形成などの頭の働きの育ちも促進します
23時 メゾプレッシン(下垂体ホルモン)を分泌し、夜尿を防ぎます
24時 メラトニンの分泌が高まります
    ・視床の働きを調整します
 1時  イ、性の成熟をコントロールします
     ロ、情緒の安定を促します
 2時 ACTH(下垂体ホルモン)を分泌が高まりはじめます
    ・集中力、意欲、学習力などを高めます
 3時 コルチゾール(副腎皮質ホルモン)の分泌が高まりはじめます
    ・エネルギー代謝を支える働きをします
 4時 ・体温を高める作用があります
    ・目覚める働きがあります
    B-エルドルフィンの分泌を導きます
    ・気持ちがさわやかになります
 5時 体温が上昇してきます
 6時 一人で目覚めます(自律起床)