メリーランド保育園

2015年7月1日

自分らしくチャレンジできる場所
やってみて気付いたこと・感じたことを大切にしながら、人間の基礎力を育てていく、体験重視型保育を取り入れています

保育園名:社会福祉法人 共育会 メリーランド保育園
所  在  地:壬生町下稲葉343-1
連  絡  先:TEL 0282-82-5921
        FAX 0282-82-8052
        http://merryland.ed.jp
面     積:敷地 5,988.01㎡
        建物 1,123.34㎡
構     造:木造平屋
定     員:150名
保 育 時 間:平 日 AM 7時00分~PM 8時00分
        土曜日 AM 8時00分~PM 5時30分
        ※通園バスをご利用希望の方は、お申し出ください。

特別保育

病児保育:軽度の体調不良時、又は、保育途中での体調不良時にお迎えが来るまで看護師が対応させて頂きます。
一時保育:諸事情に応じ、必要な日にお預かりします。
休日保育:緊急時にお預かりします。

 

 

保育目標

自然体験を学習の道具とし多くの気付きを科学的な目で育て主体的に活動できる「自立した」優しい心を育てます。
1.21世紀型(保育環境)の主体性を育てる保育・・・生活をはぐくむ
2.一人ひとりの特性に応じた保育       ・・・個性をはぐくむ
3.自発的な遊びを通じた保育         ・・・自立をはぐくむ
4.かかわりを大切にした保育         ・・・自律をはぐくむ


保育内容

1.英語で遊ぼう 対象:3歳児以上(無料)

外国人教師によるレッスンを行っています。生きた英語を聞きながら、歌やゲーム・カードなどで遊ぶことにより異文化に触れ、興味・関心を広げています。
また、10月に全園児・職員が仮装しハロウィンパーティーを行っています。

2.リトミック

楽しい音楽に合わせ、リズミカルに走ったり、止まったり、跳んだり、はねたり、這ったり、舞ったり。子ども達に親しみのある動物を模倣していく中で、体の骨や筋肉、関節、神経系の発達を即していきます。

3.日本太鼓・エイサー

日本の伝統を後世へ伝えるべく、保育カリキュラムに取り入れています。専任講師のもと、「礼で始まり礼で終わる」規律ある指導を毎月受けています。(年中長児)

4.スイミング

強い心・強い身体を養うために、保育カリキュラムの一環として、インストラクターの指導を受けています。(週に1度 年中長児希望者)

5.専任講師による運動あそび

脳を育ても運動あそびとして、「静」と「動」のメリハリをつけ、強い抑制力を育てていきます。力まず体をコントロールし、様々な状況にとっさに反応する経験を積み重ね、自分の身を守る安全能力も向上させていきます。

6.園外保育

手づくりのお弁当をもって、お散歩へ出たり、園バスや電車を利用してお楽しみスポットへ。四季折々の自然に触れながら、感性や社会のルールを学びます。


保育方法

クラスは年齢別に6クラスで編成されています。しかし、当園では乳幼児期の6年間を次の3つの生活ステージに大きく分けて生活しています。

0~1歳児クラス たくさん愛して抱きしめる

この発達の段階では、十分に行き届いた養護環境が重要な意味をもち、くつろいだ雰囲気の中で、“自分でできる喜び”を見つけていきます。
(発達の状態に応じて、0歳児クラスと1歳児クラスが連動して保育を行っていきます。)

2歳児クラス ルールの気付き

“自分で”の気持ち(自我)を大切にして、自分のことは自分でやってみるクラス。独立したお部屋で、自信をつけながら基本的な生活習慣をゆっくり丁寧に身につけていきます。

3~5歳児クラス 意思の尊重と自己決定

3・4・5歳児で一緒に生活をしています。一人ひとりの発達段階を大切にしており、製作内容や散歩コース等の活動を自分で選んで取り組んでいるため、自分の事は自分でと自己責任も大きくなっていきます。異年齢児が一緒に生活をしていくので、自然と、上の子が下の子の世話をしたり、下の子が上の子の真似をしたりという関わりの中で、思いやりの気持ちも育まれます。

年長児クラス

保育園の代表として、小学校へ向けての準備として、個別で活動する機会も多くなります。また、日本太鼓・エイサーを発表する場として、町内外のイベントに参加しています。

コーナー保育

自由遊びの際に、好きな遊びをじっくり遊びこむ環境づくりを心がけています。
好きなことを満喫するからこそ、嫌でもやらなくてはいけない時に頑張れるのだと考えています。また、得手不得手・興味関心を見極める大切な場所にもなっています。

自然環境や総合絵本の活用

園庭にあるビオトープ自然エリアや、幅広い地域の方のご協力のもと、田植えや野菜収穫・昆虫飼育など豊かな自然体験を通し、学びを深め心を育てています。
又、興味を持った物や疑問は図鑑や紙芝居などから、自主的に観察し理解を深めさらに、総合絵本を総合的に利用し、社会的事象への関心を広げています。