介護認定者の方に障害者控除対象者認定書を交付いたします

2016年11月23日

障害者手帳の交付を受けていない65歳以上の高齢者で身体障がい者、または、知的障がい者に準ずる方について、介護保険の要介護認定の資料をもとに、障害者控除の対象になるかどうかを判定し、認定書を交付します。

 

所得税や町・県民税の申告をする際にこの認定書を提示すると、障害者控除を受けることができます。

◎障害者控除対象者認定基準(平成28年12月31日基準)

 (平成28年中に対象者が死亡している場合は死亡日)

 

控除区分 判定基準
障害者控除

要介護認定が要介護1以上であり、以下の1、2のいずれかに該当する方 

 1 介護認定調査票の「障害高齢者の日常生活自立度」がAランク該当

 2 介護認定調査票の「認知症高齢者等日常生活自立度」が2a又は2bランク該当

特別障害者控除

要介護認定が要介護1以上であり、以下の1、2のいずれかに該当する方

 1 介護認定調査票の「障害高齢者の日常生活自立度」がB又はCランク該当

 2 介護認定調査票の「認知症高齢者等日常生活自立度」が3aからMランクまでのいずれかに該当

 

○申請の手続き

 本人または家族からの申請が必要です。町健康福祉課介護保険係の窓口で申請してください。

   また、郵送でも受け付けます。(申請書は下記リンクよりダウンロード可)

 認定書及び非該当通知書は後日発送いたします。

  ※対象者に対しての個別通知はありません。

 

「精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・身体障害者手帳の交付を受けている方」また、「本人または扶養者が非課税で税の申告が必要のない方」は申請の必要はありません。

 

 

障害者控除対象者認定申請書(6KB)

記入例.pdf(7KB)

 

 

 

◎問い合わせ先 町民生部健康福祉課介護保険係

    ☏ 81-1876・1877

 

お問い合わせ

健康福祉課
介護保険係
電話:81-1876