「社会教育委員の会議」を開催しました

2017年1月18日

 

 12月2日に、役場ひばり館において、『第4回社会教育委員の会議』(小島佳苗委員長)を開催しました。
会議では、6月に実施した「地域活動に関するアンケート調査」の結果を分析し、子どもたちの自己有用感を育むためには、人と人との暖かいふれあいや周囲の人との良好な関係を構築していくことが大切であるとの結果が得られました。中学生や青少年の自己有用感を高めるためには、地域活動への取組を「参加」から人との関わりの経験がより多くなる「「参画」へと高めていくことが重要であると結論に至りました。
 そこで、『中学生及び青少年の自己有用感を高める地域活動のあり方に関する提言』を取りまとめ、教員委員会に提言することを決定しました。

 

DSC06535.JPG

お問い合わせ

生涯学習課
電話:81-1873