「第2次壬生町男女共同参画プラン(案)」に対するパブリックコメント実施結果について

2017年3月31日

「第2次壬生町男女共同参画プラン(案)」について意見を募集したところ、貴重なご意見をいただきありがとうございました。ご意見の概要と町の考え方を下記のとおり公表いたします。

1.意見募集の概要
 (1)閲覧方法
   1)壬生町ホームページ
   2)文書閲覧
     ・壬生町教育委員会生涯学習課社会教育係
・稲葉出張所、南犬飼出張所
(2)募集出期間
   ・平成29年2月28日(火)から平成29年3月29日(水)まで
(3)意見提出方法
   ・郵便、ファックス、電子メール、生涯学習課へ直接書面による提出

2.意見募集の結果
 (1)意見の提出数:2名 4件

3.意見の概要と意見に対する町の対応・考え方について

 

No.

ご意見の概要

対応

考え方

今後、町内小中学校において、封建時代の遺産である男尊女卑を払拭するためにも、さらなる「徹底した人権教育の繰り返し授業」を提案します。

ご意見として参考にさせていただきます。

各学校の目指す児童像、生徒像を設定し、学校の課題に基づき、育てたい資質・能力を定め、全教育活動を通して人権教育を行っております。

性教育における避妊や性交のあり方等について、「教えないでも分かる」的な大人の身勝手な態度では、乳児等の遺棄致死が後を絶たないのではないか。

ご意見として参考にさせていただきます。

現在、中学3年生の保健の授業において、「性感染症・エイズの予防」で扱っております。

「性犯罪」の被害者が相談しやすい仕組みづくりや無理解による2次被害の防止のため、講習会を開催してほしい。

ご意見として参考にさせていただきます。

性暴力被害者相談窓口「とちエール」の周知に努めております。

また、男女共同参画推進講座等での講演の実施を検討しています。

「性的マイノリティー」について、周囲の正しい理解や現状を知り、理解することが大切ではないか。

ご意見として参考にさせていただきます。

正しい理解のため、人権教育の一環として教員向けの研修会は、県等の主催で実施しております。一般向けの講座等も開催されておりますので、講座等の周知に努めてまいります。

 

 

 

 

お問い合わせ

生涯学習課
電話:81-1873