~1歳未満の乳児に、はちみつを与えないでください。~

2017年4月24日

離乳食に注意!
~1歳未満の乳児に、はちみつを与えないでください。~

都内において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事故がありました。
乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口から摂取されたボツリヌス菌が腸管内で増殖し、その際に産生される毒素により発症します。
乳児と成人とでは腸内細菌が異なるために起こる疾病です。そのため、1歳以上の方がはちみつを摂取しても、発症しません。

乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、はちみつを与えるのは避けてください。

※ボツリヌス菌及び乳児ボツリヌス症に関する詳しい情報は、福祉保健局のホームページをご覧ください。

◇乳児ボツリヌス症について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/rensai/guide26.html

◇ボツリヌス菌について

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/boturinu.html

 

 

□一部抜粋・引用
東京都福祉保健局 
「食中毒の発生について~1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください。~」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/hodo/saishin/pressshokuhin170407.html〉(2017/04/13アクセス)

お問い合わせ

こども未来課
母子保健係
電話:81-1887