水道管の凍結にご注意ください!

2018年2月1日

朝晩の冷え込みが厳しいときには、水道管の凍結にご注意ください。
水道管が凍ってしまうと、水が出なくなったり、破裂して漏水し多額の修理費用がかかる恐れがあります。
 
 【凍結しやすい水道管】
 ・屋外にむき出しになっている管
 ・北側にあり、陽が当たらないところの管
 ・風当りの強いところにある管

 

 【水道管の凍結を防ぐには】
 ・少量の水を蛇口から出しておく。
 ・水道管に布や保温材などを巻く。
  (屋外では、蛇口まで完全に包むと良い)
 ・水道メーターを保護するためにメーターボックスの中に、使い古しの毛布や布きれ、発泡スチロール等を入れ保温してください。

 

【水道管が凍ってしまったときは】
  水道管にタオルや布をかぶせ、その上からぬるま湯をかけ、ゆっくり溶かしてください。熱湯をかけると、水道管や蛇口が破損する恐れがあります。

 

【もし破損してしまったときは】
  メーターボックス内のバルブを閉めて水を止め、直接壬生町指定給水装置工事事業者へ依頼して修理してください。
  (※修理費用は個人負担となります。)

  ★凍結破損による漏水の水道料金は減免となりませんので、ご注意ください。

 

問合せ先 町建設部水道課 ☎82-2260  
     (徴収事務受託者 (株)日本ウォーターテックス)