資料館企画展「壬生のヒポクラテスたち –医は仁術なり-」を開催いたします

2019年2月1日

歴史民俗資料館では、2月9日(土)から3月24日(日)まで、企画展「壬生のヒポクラテスたち –医は仁術なり-」を開催いたします。

 

儒学で重要視された、他を思う心「仁」は、医を志す者にとっても「医は仁術なり」という理念として常に意識すべきものでもあります。
今回の企画展「壬生のヒポクラテスたち-医は仁術なり-」では、「仁」が壬生藩の医療においてどのように認識され、実践されてきたかを、新発見資料を織り交ぜながら紹介します。

 

 

会期    : 2019年2月9日[土]-3月24日[日]

開館時間 : 午前9時 - 午後5時 (但し、火曜日は午後1時から)
休館日  : 月曜日 (2月11日は開館)
観覧料  : 一般200円、中学生以下無料
        ※障害者手帳をお持ちの方は観覧料が免除になります。
主催    : 「郷土の偉人顕彰作業」実行委員会・獨協医科大学教育支援センター医史学研究室

会場    : 壬生町立歴史民俗資料館
       〒321-0225 栃木県壬生町本丸1-8-33

       電話:0282-82-8544
       (東武宇都宮線壬生駅下車、壬生城址公園内)

 

〈関連企画〉
■シンポジウム《“壬生の赤ひげ”を語る》
 基調講演
  ・青木歳幸氏 (佐賀大学地域学歴史文化研究センター特命教授・医史学)    
 パネリスト
  ・鈴木紀子氏 (順天堂大学 医学部医史学研究室研究生)
  ・石﨑道治氏 (医学博士・医家石﨑家 九代目)
  ・稲葉未知世氏 (獨協医科大学准教授・医史学)
 日時 : 平成31年3月17日[日]午後1時30分 - 4時00分
 会場 : 壬生町城址公園ホール 研修室
 定員 : 100名(先着順)
 ※参加無料です。参加を希望される方は電話0282-82-8544までお申込みください。

   2月1日(金)より受付を開始いたします。なお、定員になり次第締め切ります。
■ミュージアムトーク
  2月11日[月・祝]・3月21日[木・祝] 午後2時-

  ※申込み不要です。参加を希望される方は直接壬生町立歴史民俗資料館までお越しください。

   観覧料200円が必要となります。 

 

「壬生のヒポクラテス」展チラシ(表)(1MB)

「壬生のヒポクラテス」展チラシ(裏)(1MB)

お問い合わせ

生涯学習課
歴史民俗資料館
電話:82-8544
ファクシミリ:82-8544