平成24年1月26日(木)『Made in みぶ!』

今月の5日に開かれた東京・築地市場の初競りで、青森県の大間で取れた269kgのクロマグロが5,649万円で競り落とされました。一匹のマグロの値段としては、史上最高の高値だそうです。競り落としたのは、東京などですしチェーンを展開する企業です。初競りのマグロは、08年から昨年まで、連続して香港の企業が手に入れておりました。今年、久々に日本の企業が競り落とせたことが、「日本の元気回復」につながるような気がし嬉しく思った次第です。

 

実は、その初競りの翌日6日に、本町の「賀詞交歓会」が開催されました。その席上で、クレハ合繊㈱の水野社長さんから、「史上最高値のマグロを釣り上げた釣糸は、我が社の製品です。」というお話をお聞きしました。

 

世界中にその名を轟かせている「大間のマグロ」を、しかも史上最高値で競り落とされたマグロを釣り上げた糸が、「Made in みぶ」の製品であったことに大変感激いたしました。

 

我が町の生産物は、苺やトマト、かんぴょうなどの農産物のみならず、工業製品も卓越した技術力で素晴らしい製品を世界中に出荷していることを誇りに思います。そして、これからも企業や商工業者、さらには農家の皆様と共に「Made in みぶ」の生産物を通じて、「みぶの壬力(魅力)」を世界中に発信して参りたいと思います。

お問い合わせ

総合政策課
秘書係
電話:0282-81-1805