子宮頸がん予防ワクチンについて

2020年3月6日

平成25年6月14日に開催された国の「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」において、ワクチンとの因果関係が否定できない特異的な副反応が見られることから、定期接種は継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることになりました。

 

壬生町においては、平成22年10月より公費負担での予防接種を実施しておりますが、国の方針に従い、現在「子宮頸がん予防ワクチン」の積極的な接種の勧奨を差し控えています。

そのため、現在以下のような対応をしております。

 

対象者

小学6年生~高校1年生の女子(個別通知は行いません)

※対象のお子さまで、接種を希望する方についてはこれまでどおり、全額公費負担での接種ができます。

 

子宮頸がん予防接種については「子宮頸がん予防接種説明書.pdf(232KB)」をご覧ください。

 

厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html

 

 

また、下記厚生労働省ホームページのリーフレットをご参照ください。

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ.pdf(399KB)

HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ.pdf(391KB)

HPVワクチンの接種に当たって 医療従事者の方へ.pdf(649KB)

 

お問い合わせ

こども未来課
母子保健係
電話:81-1887