シトラスリボンで差別や偏見をなくそう

2020年12月24日

 去る令和2年11月27日(金)に、髙橋 清美(たかはし きよみ)さんから700個のシトラスリボンの寄贈がありました。

髙橋さんは、新型コロナウイルス感染者や医療関係者への差別や偏見をなくしたいとの思いでシトラスリボンを手作りしました。寄贈いただいたリボンは、小学6年生と中学3年生に配布し『シトラスリボン』の意味を伝えました。
 シトラスリボン運動は、愛媛県の市民グループが提唱した『新型コロナウイルス感染者や医療従事者への差別や偏見を防ごう』とする市民運動で、リボンを3つの輪に結ぶシトラスリボンは、「地域」、「家庭」、「職場(学校)」を意味しています。

 

シトラスリボン.JPG

お問い合わせ

学校教育課
電話:81-1870