「戦没者の遺族に対する特別弔慰金(第十一回)」請求手続きのご案内

2021年4月5日

1.支給対象者

令和2年4月1日において、以下の基本条件をすべて満たしている方で、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給。

 

基本条件

  • 戦没者の死亡当時に生まれていた(子のみ死亡時に胎児でも可)。
  • 戦没者と三親等内である。
  • 戦没者に関する公務扶助料・遺族年金等を受給している遺族がいない。
  • 日本国籍である。

 

支給順位
⑴令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方(妻等)
⑵戦没者等の子
⑶戦没者等の 1.父母 2.孫 3.祖父母 4.兄弟姉妹
 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
⑷上記⑴~⑶以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
 ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

特例

令和2年4月1日以降に先順位者の方が亡くなってしまった場合、その相続人の方が請求できます。

 

※前回(第十回特別弔慰金)請求した相続人の方は上記の条件に当てはまらない場合、今回はご請求いただけませんのでご了承ください。

 

2.請求期間

令和2年4月1日~令和5年3月31日

 

3.支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債
※ご請求いただいてから国債をお渡しできるまで、1年程度かかりますのでご了承ください。

 

4.提出書類

請求書類については窓口に備えつけてあります。
また、手続きに際して次のものが必要になります。

 

  • 請求者のご印鑑
  • 令和2年4月1日以降に取得した請求者の戸籍抄本
  • 請求者の本人確認書類((1)または(2)または(3))
     (1)官公庁発行の顔写真入りの書類1つ
     (運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、マイナンバーカード等)
     (2)官公庁発行の顔写真のない書類2つ
     (介護保険被保険者証、年金手帳、医療保険被保険者証等)
     (3)上記(2)の書類1つと氏名・生年月日・住所または顔写真が入った書類1つの計2つ
                  (預金通帳、公共料金の領収証、診察券、社員証等)

 

※代理の方が請求手続きをする場合、委任状と代理人の本人確認書類も必要になります。
委任状はこちらからダウンロードできます。

様式7 委任状(請求手続、同順位者間の調整を委任した場合).pdf(93KB)

※郵送による手続きも可能ですので、その場合はご相談ください。

 

前回(第十回特別弔慰金)請求者ではない方が請求される場合、上記と合わせて必要な書類がございますので、お手数ですが健康福祉課へお問い合わせください。また、審査の結果追加書類をお願いする場合もございますのでご了承ください。

 

5.受付窓口

健康福祉課社会福祉係
電話 81-1883
出張所では受付けていませんのでご注意ください。

お問い合わせ

健康福祉課
社会福祉係
電話:81-1883