令和3年5月1日(土)から下水道マンホールカードを配布します!

2021年4月30日

 

マンホールカード第14弾が完成いたしました。壬生町では初のマンホールカードとなっております。

 

 

マンホールカード

 

☆マンホールカードを希望される方へ事前のお願い

・マンホールカードを希望される方は、来庁の際にマスク着用手指消毒にご協力ください。

・他市町の状況や電話の問い合わせ状況を踏まえ、初日(5/1)は壬生町役場敷地内ひばり館会議室にて配布いたしますので、ご了承ください。

・また、配布開始より1時間程度は混雑が予想されます。カードは十分用意しております。密を避け、来庁時間の調整にご協力ください。

 状況に応じて、コロナウイルス感染拡大防止の観点から会議室の入室を制限させていただくことがありますので、係員の指示に従うようご理解願います。

 

 

〇マンホールカードとは?

 

 下水道広報プラットホーム(GKP)が、楽しみながら下水道への理解や関心を深めていただくことを目的に企画し、全国の地方公共団体と共同で制作しているコレクションカードです。カードの表面には、マンホール蓋の写真と設置されている位置情報、裏面にはそのデザインの由来などが掲載され、主にそれぞれの地方公共団体で配布されており、「カード型の下水道広報用パンフレット」でもあります。

 平成28年4月に第1弾が発行され、令和3年4月現在第14弾575自治体758種が発行されています。この度、壬生町においても、第14弾で仲間入りしました。

 

 下水道広報プラットホームのHPはこちら→http://www.gk-p.jp/

 

 

〇デザインの由来

 下野壬生藩三万石の城下町の象徴壬生城の本丸、二の丸跡に整備された「城址公園 二の丸門」をデザイン化したマンホール蓋です。

壬生城は、室町時代壬生氏が築城し、江戸時代には、日光東照宮を参詣する徳川将軍家の宿場としても使用された城でした。現在の城址は、城址公園として整備されホール、図書館、歴史民俗資料館等があり、町内に多数古墳があり、国内最大級の家形埴輪の展示もされております。また、門を抜けて本丸へ向かうお堀の橋を渡ると、「箱根八里」の作詞家で壬生藩出身の鳥居枕(まこと)さんが手がけた作品のメロディーが楽しめますので、こちらもお楽しみください。

 

 

〇マンホールカードの配布について

 

 配布開始日

 令和3年5月1日(土)から

 

 配布時間

 午前9時~午後5時

 

 配布場所

 壬生町役場(壬生町通町12番22号)

 平日:建設部下水道課 土日祝日:宿直室

 

初日(5/1)は壬生町役場敷地内ひばり館会議室にて配布いたします 。

 

 

 配布方法

 配布場所にて1人1枚、無料での配布です。

  ※配布の際に、簡単なアンケートの回答にご協力ください。

  ※事前予約や郵送によるお取り扱いは行いませんので、直接配布場所までお越しください。

  ※マンホールカードの制作された目的をご理解いただき、ネット等での転売をしないようにお願いいたします。

 

在庫状況

 在庫あり(令和3年5月1日配布開始時点)

  ※随時更新いたしますが、在庫切れになってしまった場合はご容赦ください。

 

 マンホールカードアンケート集計結果

 集計しだい更新いたします。

 

地図

壬生町役場

お問い合わせ

下水道課
業務係
電話:0282-81-1858