「壬生藩鳥居家三万石のお殿様土産」認定品「お殿様のお米」新米収穫状況報告会を開催しました!

2021年10月6日

「壬生の歴史」つなげ未来へ! 壬生のお殿様、廃藩置県以来150年ぶりの上京!

 お殿様のお米.JPG

 

壬生町の南西部に御茶ノ水と言われる地名が残りますが、代々のお殿様がお茶用としてこよなく愛した水が湧き出ていた地が、御茶ノ水と言われる地域です。

その地で栽培されたお米を、令和3年度も壬生町就労支援施設むつみの森にて袋詰め等を行い、「お殿様のお米」として販売する運びとなり、9月13日に新米収穫状況報告会を開催しました。

 

全員.JPG

 

精米につきましては委託で実施し、徹底した異物の除去や色彩選別機能により着色粒の混入には十分に注意を払い、皆様の食卓へ最高の状態でお届けできるよう努めています。
道の駅みぶ内「みぶのやおやさん」などで販売をしております。

 

また、とちまるショップ(東京スカイツリーソラマチ・イーストヤード4F)においても販売を開始し、壬生のお殿様、廃藩置県以来150年ぶりの上京となっています。
※「お殿様のお米」は、壬生町の御茶ノ水で生産された「コシヒカリ」の一等米のみに表示しているブランド名となります。

 

 

 

問合せ先

壬生町就労支援施設むつみの森 TEL:82-6174