子育て世帯への臨時特別給付金について

2022年4月11日

子育て世帯への臨時特別給付金

申請一部受付終了

 

新生児を除く平成15年4月2日から令和3年12月31日生まれの児童分の申請受付は令和4年3月31日をもって終了となりました。 

 

なお、令和4年1月~3月生まれの児童については、令和4年4月15日(必着)が申請期限となります。

 


給付対象の拡大について
子育て世帯への臨時特別給付金については、国から所得制限超過世帯等に対し、自治体独自の判断で、「新型コロナウイルス感染症対応地方創世臨時交付金」の活用を認める方針が示されたことから、本町の対応を変更し「所得制限を撤廃し、子ども1人あたり10万円を一律で支給」するとともに、「基準日以降に離婚した世帯で、離婚後支給対象児童と同居し、実際に養育しているにも関わらず、給付金を受け取れないひとり親世帯(元配偶者と話し合いが出来ない場合等に限る)に対しても支給」することとしました。申請期限は令和4年4月28日(必着)までとなります。(令和4年1月17日更新)


 

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、子育て世帯の生活を支援するために、対象児童1人あたり10万円を一括支給します。

 

 

  手続き 案内通知送付期間 支給時期
児童手当受給者(公務員を除く) 申請不要(プッシュ型)

送付済みです。お手元に届いて

ない場合は、お手数ですが

お問い合わせください。

令和3年12月27日

特例給付

(児童手当の所得制限超過者)

2月上旬予定 2月下旬予定
新生児の父母 出生時のお手続き時 随時支払
児童手当受給者(公務員) 申請が必要

送付済みです。お手元に届いて

ない場合は、お手数ですが

お問い合わせください。

1月下旬以降順次

特例給付(公務員)

2月上旬予定 2月下旬以降随時予定
高校生相当児童の保護者

送付済みです。お手元に届いて

ない場合は、お手数ですが

お問い合わせください。

1月下旬以降順次

高校生相当児童の保護者

(所得制限超過者)

2月上旬に再度通知予定

2月下旬以降随時予定

 

基準日以降に離婚・DV等

の理由で本給付金を受け

取れなかった方

壬生町にご相談ください。

 

 

1支給対象について

○支給対象となる児童の保護者
以下のいずれかに該当する方

a)令和3年9月分の児童手当(特例給付を含む。)(本則給付※)の受給者
※特例給付受給者(児童1人につき月5千円)は対象外です。

b)令和3年9月30日時点で高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)児童の保護者
※保護者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象と同等未満の場合。
※児童が婚姻をしている場合は対象外です。

c)令和3年10月以降、令和4年3月31日までに生まれた児童手当(特例給付を含む。)(本則給付)の支給対象児童(新生児)の保護者

 

※本則給付…下表の限度額未満の所得の児童手当受給者への給付。

児童手当 所得制限限度額
扶養親族等の数 所得制限度限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.6
3人 736 960


収入額の目安は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
(注意)

  1. 夫婦の場合は所得の高い方の所得額で確認してください。(夫婦合算ではありません)
  2. 扶養人数が4人以上の場合は、1人につき38万円を加算した額
  3. 老人扶養親族等がいる場合、老人扶養親族等1人につき6万円を加算した額

 

2支給額

対象児童1人につき一括現金10万円

 

3申請及び支給方法について

○支給にかかる申請
【一般支給対象者】(公務員を除く)
上記1(a)の方は原則、申請不要です。支給対象者には、12月中に案内通知を送付いたしております。なお特例給付の方へは2月上旬頃に通知を送付いたします。支給を希望しない場合などは、拒否届をこども未来課へ提出する必要があります。

 

※特例給付対象者には、2月上旬に通知を送付いたします。

 

【申請が必要な方】
(1) 上記の(a)(b)(c)の公務員の方
(2) 上記(b)の方で現在児童手当を受給していない方
(中学生以下の児童を養育していない方)
(3) 上記(c)の方
(令和3年12月10日~児童手当の手続きをした方)

 

○申請に必要なもの

  • 申請書
  • 振込先が分かる通帳もしくはキャッシュカード等の写し
  • (a)の公務員の方については、令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給していることが分かる書類(支払通知書、継続認定通知書、令和3年9月分児童手当振込時の給与明細等)
  • 高校生等の児童のみを養育している人で令和3年1月1日に壬生町に住民登録がない場合は、申請者及び配偶者の令和3年度所得証明書(児童手当用)等、所得や控除額を確認できる者が必要です。

 

○申請期間
 令和3年12月10日から令和4年3月31日まで

 

○支給方法
 原則として児童手当で指定している口座へ振り込みます。

 

○支給時期
 一般支給対象者(公務員を除く)には、12月27日に支給をします。
 申請が必要な対象者には、審査後に随時支給します。

 

※特例給付該当者には、2月下旬頃から随時支給を予定しています

 

4その他

  • 引っ越しをした場合
     令和3年10月1日以降に壬生町へ転入された方は、令和3年9月分の児童手当を支給する市区町村(転入前市区町村)からの支給です。

 

  • 配偶者からの暴力を理由に避難している場合
     令和3年9月分の児童手当の支給を受けていない方でも、配偶者からの暴力を理由に非難されている方については、子育て世帯への臨時特別給付金を受給できる場合があります。こども未来課までご相談ください。

 

  • 振り込め詐欺や個人情報の搾取にご注意ください
     ご自宅や職場などに壬生町から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに壬生町の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

 

  • 高校生等の児童のみを養育している方、公務員の方にも通知をお送りさせていただきます。案内通知の送付期間に通知が届かない際にはお問い合わせください。

 

 

【関連資料一覧】
臨時特別給付金申請書.pdf(386KB)
【記載例】臨時特別給付金申請書.pdf(452KB)

拒否の届出書(様式第1号).pdf(61KB)

給付金支給口座登録等の届出書(様式第2号).pdf(254KB)

 

  • 子育て世帯への臨時特別給付金(5万円相当の追加給付分)につきましては、現金給付にかかる国からの制限等が提示され次第準備を進めていきます。詳細が決まりましたらお知らせいたします。

 

 

お問い合わせ

こども未来課
電話:81-1831