平成23年6月2日(木)

遅ればせながら新年度初めての更新になります。

 

まず、去る3月11日に発生しました巨大地震により、尊い命を落とされました多くのみなさまのご冥福をお祈りいたしますとともに、被災されたすべての方々へ、心からお見舞いを申し上げます。

 

この震災では、大津波、さらには原子力発電所の放射能漏れなどを誘発し、東北から関東にかけての太平洋沿岸地域を中心として甚大な被害をもたらしました。

 

壬生町にも、600近くの家屋、石塀等の一部損壊がありましたが、町民のみなさまがとても冷静にこの災害を受け止めていただき、対応をしていただいたことに心より感謝申し上げます。

 

震災直後には、全国的にも、各種イベントの自粛が相次ぎ、わがまちにおきましても、町を代表する観光イベントの「東雲桜まつり」等が中止となりました。

 

今現在も、福島第一原発の問題などにより、私たちの日常生活そのものが不安からなかなか脱することができない状況にあります。

 

この4、5月は各種団体等の総会が数多く開催され、私もご招待をいただきました。

 

そのご挨拶の中でも、お伝えしてまいりましたが、今私たちにとって大切なことは、わが壬生町から「元気」を発信していくことではないかと思います。

 

その「元気」の証ともいえます「笑顔」をキーワードとし、壬生町では平成23年度から平成27年度までの5カ年を計画期間とします「壬力UPすまいるプラン(壬生町第5次総合振興計画後期基本計画)」によるまちづくりをスタートさせました。

 

今後は、この震災を教訓とした様々な危機管理の強化を図り、町民のみなさまが引き続き安心して生活できる環境づくりに努めてまいりますとともに、このプランに掲げた各分野の施策・事業を実施し、みなさまと一緒に、文字通り「壬力」あるまちづくりを進めてまいります。

お問い合わせ

総合政策課
秘書係
電話:0282-81-1805